Blockchain protocol

ホワイトペーパー jp

序説

ENDOというのは、ブロックチェーン、プロトコル、様々なデータ検証サービスのことです。ENDOプロトコルのエコシステムは、検証されたデータの分散環境を作成します。人とロボットが信頼できるデータは遠隔に、瞬時に、そして安全にです。

ENDOプロトコルを使用したら、プライベートおよびパブリックブロックチェーンを作成したり、情報へのアクセスレベルと別の組織間のデータ交換の条件を設定したり、データの非パーソナライズと保護を行ったりする可能性があります。

ENDOプロトコルに基づいて、はんこ、署名付きの紙文書をデジタル文書にすることができ、人がその身元のデジタル証明書を受け取れ、ブランド商品のための真偽のデジタルパスポートを作成するアプリケーションが作成されました。誰でも、もう2019年始からENDOプロトコルに基づいて独自のアプリケーションを作成できるようになります。ENDOエコシステムにより、組織やユーザーは情報交換プロセスに参加し、ENDOトークンとのサービスを使用することができます。

全部のENDOのアプリケーションと製品は、有らゆるデータタイプのために、単一で、安全で、認定された環境を構築するという1つの目標があります。

今、ENDOプラットフォームを使用して、業績、賞、指数、取引などに関する個人情報、企業情報、公開情報を管理できます。お客様の同意により、プラットフォームは、保存された情報への第三者への安全なアクセスを提供します。

ENDOに基づく最初のアプリケーションのアルファバージョンは既に操作されており、ロシアで現在の大きな研修組織、輸送業者や大学で使用されています。この開発段階では、アルファバージョンでは次の基本機能を利用できます。これはテストネットワークにおける文書の作成と公開、取消し、分散された文書の確認、所有者の追加と共有、組織との統合のためのオープンAPIとOAuthです。

データ史

情報が溢れる生活

人々は人生を通して、自分自身について、大量の情報を蓄積します。これは様々な種類の証明書、卒業証書、アカウントなどがあります。個人データだけでなく商用文書にも関係します。例えば、倉庫への貨物配送、注文書、契約、合意、それとも調書と宣言です。

私たちが重要なデータを紙に保存すると、その結果は、文書が脆弱になり、急いで消耗されてしまいます。さらに、文書が改ざんされる可能性があり、陰性の結果につながります。一般的な例は希望職種を得るための卒業証書の偽造です。

しかし、伝統的な文書の保管は、依然として個人情報と識別情報を組み合わせる最も一般的な方法です。

検証の重要性

スマートフォンや他のモバイルデバイスの数が急速に増加しているので、多くの人はインターネットを通じて仕事をしています。私たちは顧客と対面的に会う可能性が低いので、彼らのアイデンティティを検証する新しい方法の発明が必要です。高度に競争の激しい市場では、迅速かつ確実に検証し、顧客とパートナーの身元を検証する能力が非常に重要です。新しい顧客を引き付けるとともに、詐欺のリスクを管理し、運用効率の安定したレベルを維持するのは困難な作業です。

それぞれの新しい文書は、新しい機会を開きます。偽の卒業証書を受け取った人は、もっと高い給料を請求することができます。必要な署名を受け取ったので、仕事の欠点を隠すことができます。ステークスが高いほど、文書を偽造する欲求が強くなります。これは法律違反につながり、結果として狼藉が起こります。

また、文書を変更または破棄すると、古いバージョンがそのまま残ります。これは、データベースへのアクセスがない場合に、独自の目的に使用できます。たとえば、運転免許書を失った場合、運転手の手元に残っています。これは、現在世界に単一のデータベースは存在しないので、他の国々で自由に旅行されるようになります。

現代技術の時代に、あなたはどんな印章や署名を偽造することができます。それで、私たちは価値のある選択肢がないので、まだ紙を信頼しなければなりません。

造り付けのブロックチェイン技術、自動データ読み取りと文書統合を使用するENDOプロトコルは、詐欺から企業、機関、個人を保護するのに役立ちます。

ユースケース例

教育

大学や教育機関は、ブロックチェーン技術テクノロジーを使用して卒業生に卒業証書を提供することができます。仕事を得るためには、最近の卒業生は、文書が実在し有効であることを確認するために、いくつかの文書を収集し、人事部に提出する必要があり、これには長い時間がかかります。さらに、これは必ずしもうまくいきません。

ENDOプロトコルに保存されている卒業証書では、競技者が人事官へのアクセスを開放するだけで十分です。

さらに、すべての文書は安全に保管され、分散ストレージの技術により失われることはありません。ブロックチェーン使用により、認証と確認が必要な作業文書はすべて電子署名で簡単に確認できます。

ENDOブロックチェーンプロトコルは、すべての教師、幹事、学生、さらには職員に利益をもたらします。卒業証書は偽造することはできません。機関は文書を発行する完全な権利を持ち、第三者のデータ入力は排除されます。ブロックチェーンにパブリックまたは制限付きアクセスで発行された卒業証書は同等の法的地位を有します。 それは常に手元にあり、決して壊れたり紛失したりすることはありません。

銀行

銀行業界では、ブロックチェーンテクノロジーを25種類方法以上使用しています。バークレイズ、JPモルガン、ゴールドマン・サックス、クレディ・スイスなど、世界最大の銀行のうち9社がすでにブロックチェーン会社と パートナーシップ契約を結んでいます

ENDOブロックチェーンプロトコルにより、次のことが可能になります:

  • 迅速かつ安全な取引
  • 信用情報の追跡。これは、単一の同期アクセスシステムを使用して行われます。ローンのステータスの変更はシステムに即座に表示されます。
  • スマートコントラクトの締結

さらに、ENDOブロックチェーンプロトコルは、FATCA及びAML/KYCプロセスをサポートしています。

どのユーザーも、ブロックチェーン内で取引を追跡できます。これにより、システムが透明になります。プログラムコードは操作から保護されており、異なるコンピュータにレコードのコピーを作成することで、改竄をすばやく防止するようになります。

KYC/AML

市場は成長しており、多くの新しい方向性が開かれています。カーシェアリング、オンラインクレジットサービス、暗号交換などがあります。このすべてがハッカーや他の詐欺師の肥沃な土地になります。ますます、私たちはあなたの身元をオンラインで確認する必要性に直面しています。一方では、データを適切に管理する方法がわからないユーザーもいます。それを誰に送ることができ、誰にこれが危険ということです。他のは、写真付きのパスポートは簡単に偽装することができます。

すべてのトップエンド暗号交換をサポートする今日の最も適切なトレンドは、分散型交換機の作成です。このようなサイトのセキュリティは、単一のコントロールセンターの不在だけでなく、高度なKYC手順を確実にします。

ENDOブロックチェーンプロトコルは、本当に高度で便利で信頼性の高いKYCを提供します。私たちのKYCは完全に自動化されており、その答えは数分で得られます。ENDOは、インターネットからの偽のパスポートを渡す(許可する)ことのない文書検証システムを開発しました。各ユーザーは1つのアカウントしか作成できません。

ドキュメントフロー

ENDOは、ワークフローを体系化とセキュリティを確保するのに役立つ会社向けのソリューションを提供しています。信頼されている人だけがアクセスできるプライベートの暗号化されたブロックチェーンです。文書はデジタル形式で同期され、ブロックチェイン使用を通じて検証されます。調書、契約及び請求書を要求し、得ることは非常に速い時間になることができます。組織の従業員は、「赤いテープ」の膨大な量から解放されます。そして、電子文書管理の有効性が高まります。

デジタル形式の構造化データの交換は、IoTデバイス間の相互作用を自動化することを可能にします。例えば、サプライチェーン内のプロセスの検証は、故意に間違ったデータを提供することから生じる取引費用を削減します。ENDOは、様々な情報源からの情報の不変性を保証します。

人事・雇用記録

ENDOは、組織の人事部からの候補者の履歴についての事実情報の世界的なデータベースを作成し、人事の拡張として機能を果します。ENDOは、新たに雇用された従業員についての情報をチェックして確認します。例えば、組織に偽の大学学位を提供することを避けるためです。

多くの場合、応募者は雇用者に自分できるサービスを誇張し、以前の職務経験に関してさえ誤解させます。情報は紙に記録されているので、真正性を確認することは非常に難しく、時には不可能です。したがって、会社は不適切な候補者を雇われる際、時間とお金を浪費します。

この問題は、ENDOブロックチェーンプラットフォームの雇用記録によって解決されます。それは、人の以前の作業場所についてすべてのデータを保存します。ポジション、勤務期間、プロフェッショナルな効率性、有効性などことです。あなたが望むならば、雇用主はここで元従業員についてコメントを残すことができます。このコメントは変更または削除できないことが重要です。このように、新しいリクルーターは何をチェックする必要から解放するようになります。彼はわずか1分で応募者の経験の全貌を見ることができます。

医療機関

ENDOには、医療機関向けのソリューションがあります。これは、患者と医師だけがアクセスできる、医療用カードのデジタル相当品です。メソッド、テスト結果、及び治療履歴のすべての記録は、リアルタイムで更新され、常に利用可能です。それは偽の処方箋や健康診断書を書くために偽装することはできません。誤った診断と治療の場合、誰が間違いを起こしたのか素早く知ることができます。

医師は数秒以内に患者の健康状態についての情報を得ることができます。病気の歴史は失われないので、多くの新しいテストを受ける必要はありません。

保険会社との効果的な相互作用は、医療機関にとって非常に重要です。スマート契約の使用により、文書と承認の束を取り除くようになります。患者にサービスを提供した後、料金は自動モードで病院口座に振り込まれます。

将来、高度な専門家にフルタイムでアクセスすることができない地域での遠隔診断・治療という遠隔医療の発展を可能にします。新しい治療法を見つけるために、外国の同僚と経験や教訓を共有することは安全で迅速になります。

高価値商品

毎年、ロレックスは約100万腕時計を生産しています。各検体は、スイスクロノメーター検定協会での発行の特別な認定書を受け取ります。また、毎年 東南アジアの地下工場 では、別の4,000万のロレックスの腕時計が生産されています。このような2010年のデータは、にスイスの税関によって 発行されました 。海賊はブランドに大きな損害を与えます。昨年は6億ドルに達しました。

ENDOの使用により、原産品を偽造品と区別することが可能になり、製造業者は顧客までの各製品の道を追跡することができます。

商品の真正性を保護する技術は、暗号通貨の財布の保護と多少似ています。製造業者は、各スキャンの後、ブロックチェーンに書かれた真正性の識別子を更新する特別なNFCチップを製品上に置きます。同じように、暗号通貨の安全性が実現されます。各取引の後に、追加の住所が付いた財布が表示され、その使用により機密性が高まります。ここで、バーコードを更新することにより、製品に印刷された元のNFCチップを保護します。ブロックチェーンは、既に変更されていることを認識します。それを使って偽物を作ることはできません。

統計

ENDOは、顧客データの検証に使用できます。このタイプのサービスは、人口統計調査またはマーケティング調査に必要がおり、製品およびサービスに関連する顧客データのチェックに役立ちます。これらの場合の顧客データは、有害な統計シナリオを防ぐために正確性をチェックする必要があります。取引が顧客によって承認されたことを確認するには、氏名、住所、Eメールなどを検証する必要があります。顧客データ(結婚、移転、死亡)は変更される可能性があるので、データが効果的に操作され、定期的に更新されることが重要です。

いくつかの事実

  • 毎年500万運転免許証がロシアで購入される
  • 毎年100万MTPL保険証書以上が販売されている
  • 1,300万人までの米国人が偽造パスポートで生活している
  • オーストラリアでの300万人の移住者が偽の書類で働いている
  • 32%までの米国の高校生がアルコールやタバコの違法な購入のために身分証明書を偽造している
  • しかし、国際裁判所の統計によると、国家標本書類の偽造に関する有罪判決を受けた者の割合は10%を超えず

出所: ForInsurer Bankrate ElonNews

ENDOの使用により、ほとんどあらゆる種類の情報の信頼性をチェックすることができます。これはブランド、医薬品と食品の製造業者、パスポートなどの書類、運転免許証、従業員の写真、ビザです。ENDOのは、最も証明されたいくつかのデータソースを使用している国際口座の検証のための優れたツールです。最小限の情報に基づいて取引先の身元を素早く証明する可能性があります。一方で、ENDOはプロセスを自動化し、時間と資金を節約します。また、新入社員のコンピテンシーに自信を持たせ、サービスの質を向上し、詐欺師との戦いを成功し、リスクのレベルを低減します。

データ交換

データを集計する会社はよくマーケティング目標で、個人情報を顧客に販売しています。データブローカーは、あらゆる情報のビットを保管しています。これはインターネット活動、操作や個人データの大量記録を含みます。例えば生年月日、書籍、映画などを選ぶときの好みです。様々な企業はターゲットセグメントを特定するために、この情報を探索します。データブローカーは、顧客に関する重要な情報を提供しつつ、消費者モデルの分析において会社を支援します。これにより、組織はマーケティング戦略をもっと適切に計画し、潜在顧客を特定するようになります。近い将来、上記の要因がデータブローカーにとって有益なビジネスチャンスを生み出すと予想されます。

Transparency Market Research(TMR)が発行した最近のレポート によると、世界のデータブローカー市場は、予測期間(2017〜2026年)に11.5%の年平均成長率(CAGR)を示すことになります。

意図的に虚偽のデータを販売する会社もあり、その根拠に基づいて虚偽の結論がされ、基本的に間違った決心が付きます。もちろん、これは全体に市場の発展を妨げるものです。

各国では、個人データとのプロセスの規制に関する独自のルールと法律があると忘れないでください。欧州ではEU一般データ保護規則(GDPR)、ロシアでは連邦法「個人データ」に基づいています。国の法制の違いは、異なる管轄における組織間のデータ交換を非常に困難にされ、場合によっては不可能になります。Endoは会社があらゆる国の法律に違反することなく対話できるデータ交換システムを実装しています。

現在の問題点

  1. 集中化のは中央サーバが壊れた/ハッキングされた場合のデータ損失のリスクです。

2. 保管の不便さは非構造化データの大きな流れに必要な文書を失うことが簡単です。

3. 情報の変更及び削除は暗号化と分散された確認なし、情報が置換、変更、または削除から保護されません。

4. 検証のは検証プロセスがデータの量と種類によって異なります。各組織には、情報検証のための独自のメカニズムがあり、文書提出のための期限や方法や場所が異なり、不必要なコストにつながります。

  1. 一元化された便利なデータソース不在のは情報が確認され、簡単に検証されたとしても、データが様々なチャネルで伝送され、異なるソースから収集されるのが非常に面倒なことです。情報が標準化されていないので、その使用が複雑です。

6. 国間のデータ交換は、翻訳とアポスティーユの保証が必要であるので、かなり複雑です。

7. 製造及び保護。現在は、文書、証券、証明書はバーコードとホログラフィック保護素子(HPE)を使用して保護されています。その製造プロセスは費用と時間がかかるのに、HPEは、必要な保護を保証しません。Microsoftの事例は「新・非コピー可能エンボスホログラム」でソフトウェア製品を保護すると広く知られています。このホログラムがリリースされてからすでに2ヶ月後に、オリジナルと視覚的に区別できないホログラム付きのプログラムの海賊版コピーが市場に登場しました。

8. 環境。紙の製造のための伐木に加えて、製紙工場における最も重要な環境問題は、漂白段階での塩素及び塩素化合物の使用と同様に、調理段階での硫酸塩及び亜硫酸塩技術の使用です。ブロックチェーンテクノロジーの導入により、生産される紙の量を大幅に減らせます。これは環境の状態に積極的な影響を与えます。

9. 資源の不必要な消費。企業や政府は、多くの天然資源だけでなく、財務資源も不必要に費やしています。ブロックチェーンでは、多くの書類作成の必要がないので、会計士、弁護士、秘書の大量スタッフを抱える必要がなくなります。

非中央集権化されたレジストリ技術

ブロックチェーン技術により、会社は検証とデータ管理のためにもっと信頼できるシステムを提供するようになりました。非中央集権化されたレジストリ技術は、データ交換、資産管理、システム状態の変更のビジネスプロセスを改善できる、簡単にアクセス可能なツールを提供することができます。

暗号アルゴリズムは、詐欺師の手に落ちる場合に、参加者間の虚偽情報の出現を防止します。

これらの機能により、会社は機密商業/個人データのセキュリティを維持すると同時に、効率的かつ簡単に管理できるようになります。例えば、医療機関または金融機関です。

システム導入

概要

ビジネス上のチャレンジ

ENDOのは、設定されたビジネス目標を達成するために相互に作用するサブシステムのセットです。このセットは:

  • 重要なデータの信頼度を高める。
  • データの偽造の可能性を減らす。
  • データへのアクセスの容易さ。
  • データアクセスの分散モデル。
  • 柔軟で便利なデータ交換の制御。
  • 交換を入力して簡素化するために、様々な種類のデータ用に標準オントロジーを作成する。
  • 単一のデータの収益化源。
  • ユーザー自身のデータへのアクセスを制御する機能。
  • 会社からのユーザー自身のデータの保存/削除に影響を与える能力。
  • ユーザー自身のデータから収益を得る能力。

要件

設定されたビジネス・タスクは要件を形成し、その達成は問題を解決するために必須です。これは:

  • データがすべての段階で暗号化する必要がある。発行者とデータ所有者だけがデータ管理にアクセスできるようになる。
  • 検証タスクとアクセス制御は、信頼性の適切なレベルを確保するために、分散された方法で実行する必要がある。
  • 潜在的に重要なデータの市場はもっと大きな体積を持っているので、システムの容量は、大きくなければならず。

サブシステムアーキテクチャ

https://lh4.googleusercontent.com/F0EzEd-
mhx5EEo8McD65XLUSX9LCp9D6B-919DAaqGNBUsI0lDTh4D-MzXiN_ehm1w7OxgWV7yOEGtZIm77Wx94cGFF6Eb6dlV15nijQRS5ExhiE3m1NCNU4CLhNIxyrFKwsNiK-
qFUu7y1eag

プロトコル

ENDOプロトコルのは、サブシステム間の相互作用を記述するルール、アルゴリズム、およびビジネスプロセスロジックのセットです。ENDOプロトコルは、ネットワークユニット間の全体的な相互作用を規制し、それらが安全に通信し、それらの間でデータを転送することを可能にします。ENDOプロトコルは、以下のエンティティとプロセスを記述します:

  1. データ検証。
  2. ハッシュ、データの暗号化。
  3. データへのアクセスを提供するためのアルゴリズム。
  4. 暗号化 データを保護し、アプリケーション間の相互作用のために使用される暗号化。
  5. オープン・クローズドソフトウェアインタフェースの構造。
  6. データのオントロジー。
  7. データストレージの構造、ローカル・クラウドストレージとの相互作用の構造。

モデリング

データ表現の統一モデル、及び適用されたケースにおける主要エンティティへのこのモデルのの適応が実装されています。もっと完全な相互作用とデータ管理の可能性を実現するためには、モデルが必要です。システムに現れる各オブジェクトにはモデルがあります。すべてのモデルの構成は:

  1. メタ情報(発行者、所有者、モデル作成日、シリアル番号)。
  2. オブジェクトのボディのハッシュ。

統合されたモデルに加えて、様々な用途に使用するために、抽象モデルの狭義に焦点を当てた変種が実装されます。モデルは、データタイプとその内容の表現に関する特定の問題を解決します。モデリングのタスクは、以下のようなプロセスの最大の自動化の可能性を実現することです:

  • システムの異なるアプリケーション間でのデータタイプの相互作用、
  • 通信モデルとデータタイプ。

その結果、人的要因の影響度が低減されます。アプリケーションが自動化とアルゴリズムに基づいて自動的に通信できるようになります。これはシステムの安定性の保全につながります。

ブロックチェーン技術

ブロックチェーンは、システム内の重要なリンクであり、高いレベルの信頼を必要とするデータとロジックを含んでいます。ストレージとデータ処理の費用の観点により、ブロックチェーン技術は高価なソリューションであるので、適切な信頼レベルを確保するために最低限必要なタスクセットを選択する必要があります。

必要な課題

  1. データの検証、データのハッシュの保存及び作成。
  2. ユーザーと会社の認証。
  3. アプリケーション及び会社のオープンデータ(ネットワーク内のアプリケーション識別子、会社のオーナーに関する公開文書など)の保存。
  4. トークンとそのトランザクションの管理。
  5. スコアリングシステムの論理とデータの非中央集権化。
  6. カスタムスマートコントラクトのダウンロードと実行の確認。

特性及び性質

ENDOプロトコルは、これらの問題を解決できる任意のプラットフォームに基づいて実装できます。次の特性及び性質を持つ最も適したプラットフォーム:

  1. 低取引費用。
  2. 高スケーラビリティの高帯域幅。
  3. カスタムスマートコントラクトを公開する能力。
  4. 2つ以上のレジストリ間で通信チャネルを実装する機能。
  5. 投票に基づいて経済的パラメータを管理するためのモデル。

合意とプラットフォームのアルゴリズム

最も適切な合意アルゴリズムは、「プルーフ・オブ・ステーク委任証拠」と「ビザンチン将軍問題合意」です。これらは大容量で、ストレージと処理能力の低費用と処理能力を備えています。EOS、Hyperledger、Corda、Exonumなどのブロックチェーンプラットフォームは、ENDOプロトコルのビジネスロジックを導入できます。

ENDOでの導入

ENDO DocsとENDO Baseのビジネスケースのテストとして、私たちはグラフェンブロックチェーンプラットフォームに基づいてプロトコルの基本部分を実装しました。現時点では、当社チームはもっと狭いケースに取り組んでおり、脆弱性を分析し、プロトコルの有効性をテストしています。EOSプラットフォームのフォークに基づて、プロトコルの実装は公開としてENDOネットワーク、そして組織のプライベートネットワークとしてHyperledgerです。

ENDOプライベートブロックチェーン

実装されたプロトコルは、プライベートブローカーとして展開され、アクセス権、検証・情報転送コントローラのレギュレータとして機能することができます。この機能は、1つまたはいくつかの企業内で狭い作業を実行するために実装されています。一般に、プライベートブロックチェインの必要性は、ハッシュ、トランザクション、ユーザを記録する場合でも、共通のネットワークから完全に隔離され、閉鎖する必要がある場合に発生します。

  • プライベートブロックチェーン上のプラットフォームの構成は、パブリックものと似ています。
  • プライベートシステムを実装するには、自分のノードを物理サーバーに展開する必要があります。
  • プライベートネットワーク内で必要な非中央集権化と回復力の程度に応じて、ノード数が異なります。

ENDOプロトコルは、プライベートとパブリック・ネットワークの間で情報を交換するためのルールも説明します。交換の場合、送信されたデータの状態はパブリックネットワークに記録されています。

リポジトリ

目標と制限

ENDOエコシステムの課題はブロックチェインにハッシュを書き込むだけでなく、データ自体の保管と交換を整理することです。ENDOプロトコルは、暗号化、交換、所有権、データへのアクセス制御のフォーマットを記述します。多くの外部制限存在:

  1. データの一部は社外秘。
  2. 所有者によってデータを削除する必要性。
  3. 各国の個人情報について法律により、データの保管及び処理の許可を得る必要があります。

ソリューション

データの保管は集中化と非中央集権化の両方で行われます。アプリケーションの所有者は、保管の選択肢を生成します。

ENDOは、様々なタイプのストレージに接続するためのインターフェイスを実装しています。接続されたアプリケーションは、データストレージの問題を解決するために大きな選択肢を持っています。

データ保管所:

  1. 中央集権化型はDropbox、Google Driveなど。
  2. 非中央集権化型はStorJ、IPFSなど。
  3. ローカル/リモートサーバ:FTP、SSHなどによる接続。
  4. IPFSに基づく分散ストレージ内のENDOブロックチェーンシステムのノード上。

ローカルストレージを使用すると、企業内で完全にプライベートネットワークを展開できます。これにより、データ漏洩からの保護とエージェントの限られた範囲の間でのデータ交換が保証されます。

ENDO Core

ENDO Coreのは、ブロックチェーンのネットワークと統合されているすべてのアプリケーションの基礎です。Coreは、高いレベルの信頼性が必要せず、集中的に実行できる機能を実行します。

ENDO Coreは、オープンソースのデスクトップアプリケーションです。

Coreタスクは:

  • データの暗号化、ハッシング。
  • リポジトリからのファイルの受信。
  • ファイルをリポジトリに転送。
  • ブロックチェーンネットワークとの統合。
  • データベースの記録と作業。
  • 他のアプリケーションとの相互作用のスキーム。
  • データタイプのモデルの保存。
  • 統合のためのAPIを提供。

プラットフォーム上のアプリケーションを設計する一般的なロジックは、2つのブロックで構成されています。

「アプリケーションロジック」は、アプリケーションの主な機能を反映しています(機能はアプリケーションの特性によって依存し、任意に変更できる)。アプリケーションの機能は、ユーザーとの作業のルールとアプリケーションの一般的なビジネスアイデアを記述します。そこに追加データモデルも添加することができます。

ENDOコアは暗号化とデータ伝送ロジックを担当し、APIを通じてブロックチェーンのネットワークと通信します。GoApp

Logicは、ファイルストア、データベース、およびAPIの間でマージタスクを実装します。そして、データベース内のファイルのレコードを使用して、特定のファイルをリポジトリにリンクするタスクを実装することができます。GoApp Logicを使用すると、ブロックチェーン上のAPIにデータを送信できます。

API

APIは、ENDOと統合アプリケーション間の情報交換のためのプログラムインターフェース、メソッドのセットとスキームです。

ENDOプラットフォームには2つのAPIグループが含まれています:

1 - APIは、オープンなENDOブロックチェインデータを将来に送信すると一緒、ENDO Admin、MyENDO(統合とユーザーデータを管理するための標準アプリケーション)及びENDO Coreの間の接続メカニズムを実装します。

2 - ENDOブロックチェーンシステムとENDO Coreインテグレーション間の通信チャネル:

  1. アプリケーションデータの確認。
  2. アプリケーションデータ交換。
  3. アプリケーションにおける協力とコミュニケーション。
  4. ユーザーデータの交換。

APIテストプラットフォームへのアクセスのためのアプリケーションは、ここに残すことができます。

アプリケーション

アプリケーションのは、データ検証に関連するビジネスタスクを実装するためのオープンAPIを使用するソフトウェア製品です。

メタアプリケーション

メタアプリケーションを使用すると、ユーザーや会社は統合セッティングを作成し、それらを管理し、データへのアクセスを制御するようになります。

ENDO Adminのは、統合を作成し、APIキーを取得し、プラットフォーム機能を支払い、他の統合とのデータ交換のためのルールを管理するためのインターフェースです。ENDO Adminのは、組織のシステムセッティングのためのツールです。また、システム内の組織の主要な検証者としても機能します。

主な機能

1 - アプリケーションセッティング:

  1. パブリック・プライベート鍵のペアの生成
  2. スコアリングシステムの統合

2 - 暗号化されたデータの保管:

  1. データウェアハウスの選択
  2. ストレージとの接続とキーの管理。
  3. から。データベースの選択。データベースへの接続。

3 - アカウントの検証:

  1. オープン識別文書やデータをダウンロードし、保管する。

4 - データ交換パラメータ:

  1. データ価格の調整
  2. 交換規約

MyENDOとは、特定のユーザーに属するデータのアグリゲータです。MyENDOを通じて、ユーザーは1つのインターフェイスですべてのデータを収集し、データへのアクセスを許可するためのルールを設定し、アプリケーションストアからデータを削除する要求を実行します。

主な機能:

  1. ユーザデータ管理:通信を許可/拒否する。
  2. アプリの評価へのアクセス
  3. 収集されたトークンのアウトプット
  4. OAuthを介してデータへのアクセスを設定する
  5. ユーザーデータの削除を要求する

統合

APIを介したインタラクション。ブロックチェーンのネットワークに接続されているすべてのアプリケーションは、ネットワーク自体と相互に遣り取りすることができます。

  1. すべてのパラメータはENDO Adminで設定れています。
  2. アプリケーションは、統合APIを介して相互に通信できます。特定のインタラクションを実装するために、APIを拡張することができます。

アプリケーション例

ENDO Documents

紙文書を保管しなければならず、多数のコピーが作成されており、私たちはそれを郵送します。これらは偽造し、ダメージを受け、簡単に失われます。

ENDO Documentsのは特定の人に属する文書を安全に保管し、交換するために作成されたアプリケーションです。文書は、レファレンスによって第三者と簡単に共有することができます。操作は、文書へのアクセスを無効にするために、いつでもキャンセルされることができます。

機関は、文書を作成し、特定のユーザーにバインドします。施設の管理者は、文書をチェックするためのルールを確立します。例えば、ブロックチェーンで文書の公表を確認する管理者の数を選択できます。このメカニズムは、非中央集権化されたパブリッシングロジックを提供します。

Endo KYC

KYC手順は、多数の活動に必要です。例えば登録、預金、貿易と資金の引き出し、投資などです。しかし、異なる国や銀行は、個人の身元の識別に関する異なる情報を受け入れます。

ENDO KYCのは、個人の身元の識別に関する情報のアグリゲータです。私たちは様々な会社が使用できる識別データのソースの多数を追加します。これにより、ユーザーは、「ENDOを介したログイン」機能を使用して、ENDO KYCインターフェースから自分のIDについてのデータを別のエージェントに提供できます。

身元確認の異なる程度が実施されています。これはソーシャルネットワーク検証、個人オンライン検証、フルタイム検証です。

Endo Workflow

調書、請求書、勘定書、手紙などの文書がなければ、ビジネスは存在できません。文書を使用するプロセスには、長年にわたって証明書、署名、手渡しおよび保管が伴います。行った変更をチェックし、追跡する必要があります。いくつかの国では、紙形式は電子形式よりまだ重量があります。しかし、電子文書は広く使用されており、もうすぐに紙文書に優先するようになります。

ENDO Workflowのは、B2Bプロセスのためのアプリケーションプラットフォームです。文書の検証と共有プロセスが迅速化されます。各ビジネスは独自のものなので、ENDO Workflowでは、電子文書のチェック、保存、共有及び交換のための何等のオプションを実装できます。

アプリケーションのオープンAPIを使用するので、他のソフトウェア製品と自動化システムと統合することができます。例えば、サプライチェーンの検証では、IoTデバイスからエンタープライズデータベースに転送された未変更のデータを保証することができます。

ENDO WorkflowとSAP、1C、Google DocsなどのB2B市場で一般的なソフトウェア製品との統合により、会社の通常のビジネスプロセスを変更することなく文書を検証できます。

ENDO Workflowの分散化の程度を高めるために、ブロックチェーンの情報を公開する前に、マルチ署名メカニズムが実装されています。組織は、データの送信を確認する責任者を任命し、必要な署名の数を設定します。

ENDO Legacy

ENDO Legacyのは、商品や製品(ブランド品、高付加価値商品など)の真正性を確認するサービスです。このサービスは、移転の可能性を伴う財産権制度を実施する機会を提供します。

ブランドアイテムを購入する際、ユーザーは商品の真正性を確認することができ、会社は購入をユーザーに直接統合することができます。

その結果、商品の「ライフヒストリー」全体を見ることができ、偽造品の購入だけでなく、偽造の非常に事実を避けることができます。

物理世界の貴重なものは、識別子、QRコード、NFCラベルなど、物事に関連するデータストアを使用して識別されます。ラベルの偽造や複製の問題は、ラベル内のデータとブロックチェーンの二重結合によって解決され、事実の検証費用が増加します。しかし、これはデータの漏洩の可能性を減らします。したがって、たとえ1000コピーのチップが作られても、オリジナルの最初のスキャン、他のすべてのコピーは無効になります。

ENDO Base

ENDO Baseアプリケーションは、システムで発生したイベントについてユーザーに通知する特定のデータを提供します。これらは、ドアの開け、交通の検知、IT製品に関する事実、システムへの出入り、ファイルの変更、原子炉の温度を記録などのセキュリティイベントです。レコードは重要であり、データの変更や削除に対して非常に敏感です。

ENDO Baseのは、イベントに基づいてデータレコードをチェックするアプリケーションです。主に、変更トラッキング、データテンプレート、および分析機能を備えたバックアップサービスとして作成されます。

データソースは、IFTTT、Zapierなどのアクションの自動化のための一般的なプラットフォームです。

ENDO Reviews

今日、製品についてのフィードバックがその品質を反映していないことは簡単に理解できます。モデレーターは、ネガティブなコメント、サービスと製品の評価の低さを取り除きます。結果として、顧客は製品の特性に関する不完全な理解を持っています。ENDOプラットフォームでは、すべての肯定と否定のコメントが表示され、変更されません。また、企業や組織は実際のフィードバックを受け取ります。ENDO Reviewsでは、商品やサービスに残されたすべてのレビューを記録できます。

トークン

EToken(ET)は、内部プラットフォームのトークンです。ETは、システムのユーザー間でデータのチェックとデータ交換のための支払いに使用できる唯一の交換手段です。

なぜETが必要なのでしょうか?

  1. データの検証はブロックチェーンに情報を格納するプロセス。分散されたプラットフォームは、ノードによってサポートされているので、システムを維持するためにネットワークメンバーを刺激するためにトークンが必要です。
  2. ETokenは、組織間のデータ交換に必要です。組織は相互にデータ交換の価格を設定します。
  3. ETokenは、検証されたデータの使用に関連している場合、サービスを受けたり商品を支払う際に使用されることができます。
  4. ETokenは、プロトコルの開発に投票し、システムの経済的パラメータを決定するために使用されます。
  5. ETokenは、開いているENDOブロックチェーンプロトコルでのアプリケーションを作成する開発者を刺激するために使用されます。アプリケーションを介しての取引からトークンの割合はこのアプリケーションの作成者に支払われます。

ETユースケース

組織の場合

  • パブリックブロックチェーンのデータを検証
  • ネットワークに登録された組織間の検証データの交換のとき

ユーザーの場合

ユーザは、ネットワークでのプロバイダまたはアプリケーションからサービスを注文する可能性があります。例:

  • 公証人でKYC手続きを完了させる
  • プロの翻訳者による文書の翻訳
  • 2人のネットワークユーザー間でトランザクションを実行する場合、店舗のアプリケーションで商品を購入する

将来

将来、データの大量がある場合、ユーザーは別の会社と共有する同意すると、ETを受け取ることができます。現在のアナロジーを参考にすれば、Googleは広告会社にデータを提供したことでユーザーに報酬を与えます。

これにより、普通の人々と会社の間に信頼関係が形成され、ユーザーが欺かれていると感じることなくデータを共有できるようになります。

現在、情報は価値の資産です。会社はこのことから何百万という利益を得るが、普通のインターネットユーザーは何も得られません。

トークンローテーションスキーム

https://lh6.googleusercontent.com/lpv5UA7KG-
mPv0NMQA4TRwoudffr9M6-hvS_jsZK0e9JVitI71EhsGfDkQBOGvHVeA0-3srVau6XxUn1QI2JlueCQVJZM-o8nq61hh29mFLRHdwcoPLe4gkMPcpMi94EPDPVnLJn-Q4iZ5VtdQ

トークンの価値はどのように変わりますか?

トークンの価値の高水準のボラティリティの影響を避けるので、トークンの実用的なアプリケーションの価格を固定するためのメカニズムが実装されています。サービスの価格はドルに結びついています。独立したソースによって決定されるトークンの価格を変更すると、トークンの1単位当たりレンダリングされるサービスの数が変更されます。したがって、トークンの費用にかかわらず、これは需要に悪影響を及ぼさず、プラットフォーム上でのその強さが成長します。

商業化

ENDO PROTOCOL PTE. LTD. はENDOエコシステムのプロトコルとアプリケーションの最初の開発者です。同社の目標には、リソースの完全所有と開発中の製品の独占は含まれていません。同社は、ENDOの立ち上げと開発プロセスを開始します。

ENDO Documents、ENDO KYC、ENDO Legacy、ENDO Workflowなどの最初の公開アプリケーションの開発者として、同社はアプリケーション間でのトランザクションデータ交換の割合だけでなく、アプリケーションが提供する機能を使用するためのトークンを受け取ります。

同社はまた、パブリックブロックチェーンプロセストランザクションの作業をサポートし、データ検証についての情報を保存する最初のノードを所有しています。会社のノードは一般規則に従ってトークンを受け取ります。

プロセス

認証

ENDOシステムは、すべてのアプリケーション内で共通の認可および認証モデルを実装します。1つのアカウントには、任意のアプリケーションにサインインするために使用することができます。ユーザーの認証、権利の承認はブロックチェーンによって制御されます。

OAuth

「ENDOを介してログイン」機能を使用すると、アプリケーションはユーザー情報にアクセスでき、ユーザーは自分のデータに対するアプリケーションのアクセス権を制御できます。

ENDOにログインするのは、次の2つの方法で:

  • MyENDO Webアプリケーションを使用した認証リンクのクリック
  • MyENDOモバイルアプリケーションを使用してQRコードのスキャン。

スコアリング

データスコアリング

データ、アプリケーション、およびそのユーザーの蓄積と生成は、検証されていないデータに対する脆弱性がますます高まっています。スコアリングシステムは、個人データが最適で信頼性の高い情報を反映するために必要です。各アプリケーションは、Eメール、電話番号、SNS上のアカウントへのリンクなど、検証された情報を公開する特定の組織です。この情報の信頼性は、分散された方法で検証できます。アプリケーションの評価は、提供される情報の量と確認されたユーザーの得点の影響を受けます。

ユーザースコアリング

ユーザーには確認のいくつかのレベルがあります。登録後すぐに、ユーザーのアカウントは未確認であり、追加の認証を必要としないアプリケーションでの作業に適しています。データを入力するプロセスでは、データの量に応じて、アカウントにいくつかのステータスが割り当てられます。データは、個人的、一般的、社会的に分類されます。

アカウントを完全に確認するために、KYCの手続きを実行する必要があります。KYCの手続きは、特定の法的要件に従って、認定団体によってのみ実施することができます。アカウントの信頼性を高めるために、ユーザーは異なる組織の手続きを実行できます。これは、ユーザーが世界中の身元確認を必要とするサービスで作業している場合に本当です。

評判システム

データ評価と組織/ユーザーの行動の概は、投票手順の評価の導入を可能にします。ユーザーは組織に投票することができます。声の重量が評判に依存します。評判は、他のユーザーや組織と対話する際の評価に基づいています。

暗号化、ハッシング

ENDOエコシステムを通過するすべてのデータは、AESオープン/クローズド暗号システムを使用して暗号化されます。AESのは受け入れられた暗号化標準です。個人データ、商業、州の秘密を含む情報を保管するのに十分な信頼性があると考えられています。

ENDOプロトコルを使用すると、異なる国の国有企業の情報セキュリティポリシー内でのデータ保存の厳しい要件があるので、アプリケーションは様々な暗号化標準を使用できます。

データが検証されると、情報ユニットを識別し、漏洩される可能性のあるデータセクションが識別されます。これはデータ本体、データ作成者、データ所有者、作成時刻です。これらのフィールドを変更すると、漏洩の検出につながります。

デフォルトでハッシュ情報のために、SHAアルゴリズムが使用されます。報をハッシュするために他のアルゴリズムを使用する可能性も残っています。

データ交換

https://lh6.googleusercontent.com/ZhHypzFzsvFZ2Mck0snknuUcCLdVAaxDNIS-m6OXCYUShsubY40Yu3jNbOkmqsBb7M6WAohE6pGwJ0nVPXABw3giBvnT<em>Hc6nIPsTB</em>7z3AO1jvj4OdPyMJ6yxYwIXla4dkSuwAL-
_ElIKhTuw

アプリケーションBは、ENDOプラットフォームを介してアプリケーションAにデータを要求します。その後、プラットフォームクライアントはアプリケーションAストレージからデータをダウンロードします。それをアプリケーションBの公開鍵で暗号化し、それをプラットフォームに転送します。プラットフォームは、プラットフォームクライアントを使用して、それらをアプリケーションストアBに書き込みます。

潜在的な脆弱性とボトルネック

アカウントへのアクセスの喪失

プラットフォーム上のアカウントへのアクセスが失われる可能性があります。KYCの手続きに合格し、その人をアカウントにリンクする場合、プロセスを非中央集権化させるために、異なるエージェントからKYC手続きを再度完了されることでアクセスを復元することができます。

アカウントが確認されていない場合、ーザーはいくつかのフレンドリーアカウントを指定することができ、それぞれは新しいリカバリーコードの一部を受け取ることができます。コードを接続すると、ユーザーは失われたアカウントにアクセスできます。

偽のデータをアップロードする機能

検証では、データの不変性、作成者、読み込み時間を保証します。ENDOは、システムにロードされたデータの正確性を保証することはできません。

この目的のために、ENDOはデータ発行者についての最大の情報を収集し、ユーザーがデータの信頼性について判断できるようにそれをオープン方法で公開します。これはスコアリング手順を使用して実装されます。

トークンを操作するときの調整の欠如

ENDOアプリケーションの使用に関心のある組織は、特定の管轄で法人として登録されています。現在、ほとんどの国では、暗号トークンの購入は規制の対象ではなく、法律には記載されていません。

会社ENDO PROTOCOL PTE. LTD.のタスクで法人にサービスを提供することです。 法人のためのエコシステムサービスの支払いロジックをカプセル化する、異なる国でのパートナーネットワークの創造を含みます。したがって、会社はトークンとの相互作用なし、ENDOサービスを使用することができます。

アプリケーション側のユーザーデータの漏洩

アプリケーション間でデータが交換される場合、受信アプリケーションは技術的にリポジトリに保管されたデータを保管、復号化、配布することができます。

ENDOプロトコルを使用すると、ストレージキーへのアクセスを分散することができます。ENDO Coreのロードされたストレージキーは、いくつかの管理者とのマルチ署名アルゴリズムを使用して暗号化される場合に、データ漏洩のリスクが軽減されます。

コミュニティメンバーの様々な目的

ENDOブロックチェーンは、エコシステム内の経済な決心のために委任された投票システムを実装しています。したがって、コミュニティの各メンバーは、所持しているトークンの割合に基づいて、間接にシステムの開発に影響を与えることができます。

システムの様々な役割は、経済的パラメータの変化に関して異なる目標を持っています。これはサービスの費用、単位生産者ブロックの数、追加発行のイズなどが含まれます。

ENDOチームは、経済システムの分析とモデリングに重要なリソースを割り当てて、相互作用プロセスとパラメータ値を決定します。それはシステム内でのバランスをもたらし、異なるエージェントに対してシステムを使用する場合に、同等の利益をもたらします。

トークンの最初の販売では、約200万個のトークンを購入するための制限が設けられています。それはシステム内の1人の参加者の投票を集中化することはできません。

基盤となるプラットフォームにおける重大な脆弱性の可用性

ENDOチームは、分散レジストリが直面する問題を解決するために、ブロックチェーンシステムの新しいタイプの開発の目的ではなく、既存のプラットフォームを使用してプロトコルを実装します。

私たちは、脆弱性と性能に関するプラットフォーム調査を行っています。開発チームのリソースの一部は、特定のブロックチェーンへの依存をある程度分散させる新しいプラットフォームの研究に割り当てられています。

さらに、ENDOプロトコルを使用すると、EthereumやBitcoinなど、安定したパブリックブロックチェーンにデータをアンカーすることができます。

安全原則

  • 保管されているすべてのデータが暗号化されている。したがって、不正な当事者は情報にアクセスすることはできない。
  • データへのアクセスは、ロールシステムによって規制される。
  • アプリケーションとデータストアからのキーは、所有者のために1つのコピーでリリースされる。システムはネットワークにキーを保管または書き込みしないので、所有者はストレージのセキュリティを担当する。
  • 情報を交換する際、プラットフォームは、ボールトにアクセスキーを保管しているローカルプラットフォームのクライアントアプリケーションからデータを要求する。
  • ユーザーはデータの削除を要求できる。
  • 組織がローカルストレージまたはハッシングを要求する場合、これはローカルプラットフォームノードで実装できる。
  • ENDO PROTOCOL PTE. LTD.はデータを制御できない。

潜在顧客

  1. 支店事業複数の支店のある事業主の方は請求書、法、契約書などの書類とお互いに同期することも交換することもできます。
  2. 大学、トレーニング・センター、オンライン学校オンラインディプロマについての確報はもっと就職活動をもっと易しくして、データの確認の価格を下げることとつながっています。
  3. 不動産この登録を持つと現在の財産の状態を確認すること、借り手についての情報を見ることもできます。
  4. 批評ブロックチェーンに饋還を送ると信憑性を糺します。コメントを書いた後で編集になれないように批評は全部閉庫に保存されています。
  5. 労働に関する書類.職歴を見て潜在的な従業員についての本物の情報を確認することができます。
  6. ICOと交換登録プロセスを速くできるようにICOと交換の総合のKYCのプロシージャ。
  7. 旅行者カウチサーフィンのようなソーシャルネットワークはもちろん人気ありますけど弱点があります。それは旅行者に部屋を貸すアパートオーナーの確認システムのことです。ENDOから、旅行者と一緒に住むようになる人の安全のために客の前科などを調べることができるように正確な情報を得ます。
  8. タクシーとレンタカーサービス会社は全部の自動車予約をお互いの追跡システムを使ウこともできます。このシステムの中で新しい予約や変更が残してありますが、すぐに全台の企業コンピューターにおけるデータベースとつながりができます。
  9. 銀行信用履歴の確認は一つだけの同期アクセスのシステムを使って行われています。貸付の状態が変わると、すぐに見せます。外国口座税務コンプライアンス法も適用されますが、AML/KYCプロセスもENDOを通じて確認できます。
  10. スポーツの褒章全部の賞はパーソナルアカウントで保存されていますが、スポーツコミュニティによって確認されています。
  11. 収集家と博物館ENDO Legacyによっては芸術の物を確認、この物の移動と販売の歴を見ることができます。
  12. ブランドショップENDO Legacyを使いましたら、ブランドのものの信憑性を見分けて、会社は流通市場を見て利益を得ることもできます。
  13. ビザセンター、大使館の領事部と総領事館ビザセンターと国の大使館のお互いのコミュニケーションのシステムは情報のもっと速く確認できます。
  14. 警察と医療機関医療センターは患者の医療記録にアクセスがありますが、そのお陰で健康に関することを更新して研究できます。
  15. 免許と罰金証明された腐敗のない免許はいつも使いやすい。
  16. 人材に関する書類職歴を見て潜在的な従業員についての本物の情報を確認することができます。
  17. 保険会社保険分の検査によると、ENDOで保険会社は速い確かな決定ができるために顧客からもらいました情報をチェックできます。
  18. 航空航空会社はENDOで合体の間で平明な書類交換ができます。航空の中で、交通省によると、6万以上の中の1.5万以上のアイテムが偽者で、使用期限の分からない予備部品が3千以上、企業生産の賛成せずに産出した部分はだいたい2千になります。ENDOを使うと飛行機の予備部品の偽者の数を減らしてこの恐ろしい統計を変えることもできます。
  19. 農業ENDO WorkFlowは生産の一番最初から売り場の棚までの商品の状態を見せます。そのおかげで偽者と低水準の商品の輸入と販売を減らすことができます。
  20. 官公庁専門家によると、2023年にブロックチェーン技術は公共サービスで列強によって使えるようになります。その上で、世界総生産の10%ぐらいは(経済協力開発機構の予想によると)ブロックチェーン技術の直接な使用で果たすことになります。ENDOと一緒なら、官僚の問題が少なく、収賄、それにまた地籍の登記がなくなります。

ロードマップ

  1. アプリケーションと関係団体の数を増加します。
  2. コミュニティの量を増やします。豊富拡大
  3. 問題テストネットプラットフォーム
  4. ENDO Baseアプリケーションを実行する。
  5. ENDO Legacyアプリケーションを実行する。
  6. KYCアプリケーションを実行する。
  7. WorkFlowアプリケーションを実行する。
  8. プラットフォームの採択。
  9. Baseアプリケーションを実行する。
  10. 生体認証
  11. EOSブロックチェーン統合
  12. EOSスマート契約はENDOプラットフォームのアプリケーションとして存在しています。

法的情報

この文章の目標は、潜在的なトークンの主がENDOについての情報をもらえるようになることであります。ここに載ってある情報は十分のわけではありませんが、契約上の義務なども含めていません。プロジェクトについてのマーケティングの情報としてだけ見られています。この文章の目標は、潜在的なトークンの主がET購入についての基本情報をもらえるようになることであります。

この文章の内容は投資見積として見られることができません。このET見積もりは販売や購入の暗示ではありません。この文章はトークン販売にに参加を許す法権を持たない個人および企業にETの購入の暗示ではありません。

ENDOに参加を許す法権を持たなければ、法律、財務、税務またはその他のコンサルタントと相談に乗ってください。

トークン販売の参加は完全に自発的なものです。全員の参加者はちゃんと考えた上でET販売サイトでトークン販売の事情に賛成をするのがお勧めです。もしこの事情に賛成できない場合、ET販売に参加しないようにしてください。賛成していまいままで参加に決めましたら、ENDOはET購入販売プロセスを終了することになります。

危険

トークン販売、購入と使用にはある危険があります。

注:弊社は直接、結果的な損害の責任を免責する場合は:

I.この書類に記載されている情報との関係;

II.この情報に間違い、不始末、不正確のこと;

III.この情報とつながっている行動。

トークン購入、所持、使用のとき、次の危険なことをご理解になって、受け入れるように:

  1. 買主の間違い、商店の間違い、秘密鍵の失いはトークンにアクセスの失いとつながる恐れがあります。デジタルウォレットやストアに保存されるトークンを監視、処分したいとき、秘密鍵または秘密鍵の組み合わせが必要です。ということで、デジタルウォレットとトークン保存所とつながっている秘密鍵の失いは結局トークンの失いになります。さらに、秘密鍵にアクセスした第三者は使っているウォレットのログイン認証情報を手に入れたら、トークンは望み以外に使われる恐れもあります。デジタルウォレットとトークン取れ保ち保存所のエラーや障害は(例え、このデジタルウォレットや保存所の維持と使用の主の間違いで)トークンの失いにもなれることもあります。なお、主がトークンの購入受取規則よ破りましたら危険になります。
  2. ハッキングとセキュリティシステムの弱点のある恐れ。ハッカーなどの悪者団体やグループは、マルウェア、サービス拒否攻撃、コンセンサス攻撃、シビラ攻撃、スマーフとなりすまし攻撃などなどのような方法でトークンとプロットフォームに突っ込むこともあります。その上で、プラットフォームはオープンソースソフトウェアに基づいてますから、第三者やチームメンバーはわざとや無意識でプラットフォームのインフラストラクチャに入り込んで弱点を入れる危険もありますから、このような行為はトークンを不用にしてしまいます。ハッカーなどの悪者団体やグループはデジタルウォレットとトークン取れ保ち保存所の秘密鍵や他のアクセス情報を取れることも恐れあります。結局、トークンも使えなくなります。
  3. トークン販売に関する危険トークンはプラットフォームだけで使えますから、弊社は二次取引やトークンの会社外の評価を支持することも容易にすることもできません。そういうふうに、トークンの使用は限られていますから、サービスを提供して、持っているトークンに危険もあります。たとえトークン二次取引は他の交換サービスで行われるとしても、このようなサービスは新しくコントロールのないものもありますから詐欺しやすくなります。または、第三者がトークンの外部交に属することもありますから、交換の価格は(暗号通貨や固定通貨で示されているように)0になる恐れもあります。
  4. 見保険損失の危険銀行アカウントと金融機関アカウントと違って、トークンは、具体的なプライベートの保険書をもらわない限り、保険できません。したがって、全損やユーティリティー値の損害の場合、連邦預金保険公社などのような保険会社は支援します。
  5. 多くの地方の不正確な規制システムに関する危険トークン取り扱いと分散登録技術の立場は多くの管区で不明で決定な規則がありません。調整はプラットフォームとトークンも、この技術とアプリケーションの現在規則に応じた評決を予測しにくいです。立法府のこのプラットフォームとトークンの技術とアプリケーションの現在立法に応じた評決も予測しにくいです。規制措置はプラットフォームとトークンに悪い影響を与える方法はいくつかあります。これは、例えば、トークンの購入、販売と配達は違法行為だと決定され、トークンは規制されるものとして販売購入などの行われる道具は登録とライセンスが必要だと決定される恐れもあります。会社は、規則と立法の変更は違法行為と応えると、この管区で実現する規制当局の承認は商業的に相応しくない場合、管区の活動を終了できます。
  6. 税金に関する危険トークンのめぐっている税金は不明であります源泉徴収税や所得税や税務申告必要条件などの税金も出ることもできますから、税理士と相談に乗ってください。それに加えて、トークン販売の収入は(トークンの買ったお金も含めている)会社で徴収されることもできますが、それはかえって財源、ビジネス、目的に達する能力に与える恐れもあります。
  7. 競争プラットフォームに関する危険多分、同じようなオープンソースコードとプロトコルで動いている、サービスはこちらのサービスに似ている他のプラットフォームもインストールできます。このプロットフォームはオールターナティブと衝突となる恐れがありますが、これはプロットフォームとトークンに与えられるかもしれません。
  8. プラットフォームとアプリケーションに対する興味不足に関する危険多くの人数、会社や団体によってそんなに広く使えるようにならないかもしれませんが、一般的に分散プラットフォームの(こちらのプラットフォームと同じく)設定と開発は民衆の中で流行りをしない恐れもあります。このような興味不足はプラットフォームの開発とトークンの潜在的有用性に与えられることもしないわけではありません。
  9. プラットフォームの開発とサポートに関する危険プラットフォームはまだ開発中であり、時間がたつにつれて非常に変わっていく可能性があります。弊社は以上に書いていた通りにトークンを使う予定がもちろんあり、この方針に商業的に利益もらえるステップも進みますけど、合法的な理由でトークンやプラットフォームの仕様を変えるかもしれません。また、他の顧客がどうやってプラットフォームを使うか、どんな商品やサービスが第三者によって進まれるか、(お使いになったら)第三者はどうやってトークンを使うかコントロールできません。そこで、このプラットフォームはお客さんがトークン購入のとき望んだ通りに動いていない恐れもあるかもしれません。その上、皆さんはプラットフォームの開発に勤勉な努力したにもかかわらず、プラットフォームが動いていないことも、ちゃんと維持されないこともあるかもしれないと否定できませんが、これはプロットフォームとトークンに与えられるかもしれません。
  10. ETH、BTCなどの通貨価格の不安定に関する危険トークン販売のときや販売の後でETH、BTCなどの通貨価格は悪し様に緩んだら、弊社のチームはおそらく提案通りにお金を貢ぐことができないかもしれませんが、これはプロットフォームとトークンに与えられる恐れがあります。従来の市場に加えて、エテリアムネットワークにもう一つのDAO型攻撃や市場の暗号通貨為替サービスの混乱などのETH、BTCなどの通貨価格の不安定とつながることもあります。
  11. 会社とプラットフォームの解散の危険ETH、BTCなどの通貨価格の不安定、トークンの削減、知的財産の問題や商業関係の問題のせいで、プラットフォームは実行する可能をなくし、会社も解散になる恐れもあります。
  12. 経営権の不足に関する危険トークンのあると会社とプラットフォームの経営権を得るわけではありませんから、商品やサービスを終了することやトークンをもっと作成して販売することや会社それ自体を販売や解散にすることなどの会社の商品やサービスについての決定は弊社によってされています。この決定とは、またプロットフォームとトークンに与えられる恐れがあります。
  13. 規制上の危険弊社とプラットフォームは機密保護法やデータ保護法や消費者保護法やデータセキュリティ法などの様々な連邦、州、国際法律に当てはまります。この法と規則は、同じくは解釈など、変わることもあります。さらに、プラットフォームに関する新しい法と規則ができる可能性がありますが、プロットフォームとトークンに与えられる恐れがあります。その上、プラットフォームの参加者は工業の法律と規則、またはライセンス要件の条件に当てはまります。もし法律とライセンスが問題になりましたら、または法律などは厳しくなって、あるいは拡大すれば、これはプロットフォームとトークンに与えられる恐れがあります。また、会社の立法や規則の変更は操作や指導に影響を与えることもあります。弊社の税金状態や税法の変更によって会社の金融資産、ビジネス、会社の目的を達する勢いに悪い結果が出る恐れがあります。潜在購入者は、現在税金状態とトークン購入の税金のことを税理士とご相談お進めいたします。
  14. 運用に関する危険会社は結構新しくできましたから、チームの能力が伸びるには、主張されたトークンの使用の結果として時間がかかることもあります。トークンはひどい競争の市場の一部分だけで、ユーザーと技術開発パートナーによる採択は期待していたより時間がかかりそうになるかもしれません。トークンの有用性のレベルは市場で技術の採択がどれぐらい広がっているかによって違います。
  15. 借用不足の危険プラットフォームとサービスとトークンの成功かどうかはこのプラットフォームとサービスと基本技術の採択で見られています。多分、ユーザーはプラットフォームを受け取れないや使用しないこともできます。このような興味不足はプラットフォームの開発とトークンの潜在的有用性に与えられることもしないわけではありません。
  16. 技術に関する危険トークンは新しい技術、新しい機会が作られるように形成されましたが、この新しい技術は厳しいテストや験しを受けたわけではありません。技術が進んでいるにつれて新しい機能は非常にトークンの有用性や使用の可能や販売プロセスを変えます。トークンというのは複雑なものであり、いつも改善と商品サポートが必要で、全部の機能がちゃんと動いているときまで、ずいぶん時間がかかりそうです。トークンの全機能はまだ完成していない状態でありますけど、あいにく、今は確実のないことは無条件であります。
  17. 予想以外危険トークンのような暗号記号は新しくて験しもされなかった技術のことなのです。トークンの購入、保管、使用に関する他の危険もあります。